【事例紹介】「妖怪コロキューブ」絵本シリーズ第10巻、好評発売中です☆

「妖怪コロキューブ」絵本シリーズ第10弾
「流星のワンダー」好評発売中!
シリーズ累計売上部数は、何と47万部を突破!


トッパンキャラクタープロダクションが商品化コーディネートを行う「妖怪コロキューブ」は、菓子や文具デジタルコンテンツなど、様々なカテゴリーで商品化実績を上げています。
ここでは、新たな商品化実績をご紹介いたします。

   
【事例紹介】

トッパンキャラクタープロダクションは、2006年から「妖怪コロキューブ」絵本出版をコーディネート
しております。その最新刊であるシリーズ第10弾目の「流星のワンダー」去る6月19日(火)より好評発売中! これにより、「妖怪コロキューブ」の絵本シリーズの累計部数は何と47万部を突破しました

同書は、クイズとパズルにチャレンジしながら読み進む、参加型妖怪冒険ストーリー。死神のクロー、狼男のカミオ、トイレの花子さんの3人組が、流れ星になって降ってきた星の子ホシロウを再び空に帰すため、妖界七不思議を訪ね歩きます★

今年秋には、シリーズ11弾目のゲームブックも発行予定! ますます活躍の「妖怪コロキューブ」の絵本シリーズを、是非この機会にお近くの書店でご覧ください♪


「妖怪コロキューブ」絵本シリーズの一覧はコチラ


    著者紹介......友野詳(とものしょう)】
1964年、大阪府出身。クリエーター集団「グループSNE所属」のゲームデザイナー兼、小説家。代表作は「ルナル・サーガ」
シリーズ(角川書店/富士見書房)、「ファイブリア」シリーズ(角川書店)、「央華封神」(メディアワークス)、「妖魔夜行」シリーズ(角川書店)、「百鬼夜翔」 リーズ(角川書店)など多数。